【夏の料理レシピ】スタミナ満点!さっぱりハンバーグ♪

夏の料理レシピ ハンバーグ 料理
この記事は約4分で読めます。

こんにちは!ゆみこです。

夏は暑いだけで体力が消耗しちゃいますよね。

食欲も落ちてしまいがち・・・。

ガッツリ食べるなんてムリムリ!!

そんなあなたにおすすめなのが、スタミナ満点!さっぱりハンバーグです。

ハンバーグだけど、重くない工夫がちらほらと。

是非作ってみてくださいね(^^)

スポンサーリンク

スタミナ満点!さっぱりハンバーグの作り方

さっぱり食べるための工夫とは・・・?

動画でも解説しているので、気になる方はこちらからどうぞ↓

材料(2人分)

鶏ひき肉   150g
豚ひき肉   150g
にんにく   1かけ
ねぎ     5cm
ニラ     1/2束
卵      1/2個
塩      少々
油      適量
~おろしダレ~
大根     1/8本
玉葱     1/8個
酢      大2
しょうゆ   大1と1/2
塩      少々(お好みで)
一味唐辛子  少々

作り方

1.鶏ひき肉と豚ひき肉を混ぜ合わせる。

2.にんにく・ねぎをみじん切りに。

3.ニラは粗みじん切りに。

4.卵を溶いて、にんにく・ねぎ・ニラを混ぜ合わせる。

5.肉だねの空気を抜く。

6.ハンバーグを中火で2分、裏返して弱火で8分蒸し焼き。
(焼き加減は調整してくださいね☆)

7.おろしダレ作り→大根と玉葱をすりおろす。

8.7に酢大さじ2、しょうゆ大さじ1と1/2、塩少々、一味唐辛子を加える。

9.盛り付けて完成(^^)

美味しく作るポイント

・鶏ひき肉を加えることで、ハンバーグらしさを残しつつ、ガッツリ→サッパリへ

・お肉を混ぜるときは、素早く行うことでお肉の温度を下げない。
(ジューシーに仕上げるコツは、お肉の温度を下げないこと=お肉の脂を保つため)

お肉はよく捏ねることで、肉汁たっぷりのハンバーグに。

ねぎのみじん切りは、十字に切れ目を入れると簡単。

ねぎは十字切り

・ニラは冷凍したものを使って栄養UP。栄養は変わるけど、生のニラで作っても美味しいので臨機応変に。

・肉だねの空気を抜くときは、一塊のままでもOK!

焼き加減の確認法
 ハンバーグを押したときに透明の肉汁がでる。
 指でハンバーグを押したときに、適度な弾力がある。

焼き加減の確認

大根食べる直前ですりおろすのがポイント
 時間が経つと酵素が減少してしまうらしい。

・おろしダレはたっぷりかけると美味しい♡

栄養の豆知識

【にんにくの栄養素】

☆ビタミンB1:ブドウ糖をエネルギーに変換する。

☆ビタミンB6:アミノ酸の代謝を助ける。 免疫機能の正常な働きの維持など。

☆カリウム:ナトリウムの再吸収を抑制して、尿中への排泄を促進する。

☆食物繊維:便秘予防。食後の血糖値の上昇を抑える。

にんにくには、免疫力UPに一役かってくれる香り成分のアリシンも含まれている。

【ねぎの栄養素】

☆ビタミンA:目や皮膚の粘膜を保護する。抵抗力を強める。

☆ビタミンC:日焼け防止。抗酸化作用。老化防止。

☆葉酸:赤血球の生産を助ける。胎児の先天異常である神経管閉鎖障害のリスクを減らす。

☆食物繊維:便秘予防。食後の血糖値の上昇を抑える。

【ニラの栄養素】

☆β-カロテン:免疫力向上。日焼けやシミを予防する。

☆ビタミンC:日焼け防止。抗酸化作用。老化防止。

☆ビタミンE:抗酸化作用。血管を健康に保つ。老化防止。

☆ビタミンB6:アミノ酸の代謝を助ける。 免疫機能の正常な働きの維持など。

☆カリウム:ナトリウムの排泄を促す。

ニラは冷凍することで、がん予防成分がアップするらしい。

【大根の栄養素】

☆ビタミンC:日焼け防止。抗酸化作用。老化防止。

☆食物繊維:便秘予防。食後の血糖値の上昇を抑える。

☆葉酸:赤血球の生産を助ける。胎児の先天異常である神経管閉鎖障害のリスクを減らす。

☆カルシウム:骨や歯の主要な構成成分。細胞の分裂・分化、筋肉収縮、神経興奮の抑制、血液凝固作用の促進。

*栄養素についてはカゴメ株式会社を参照(※1)
*栄養の働きについては公益財団法人長寿科学振興財団を参照(※2)

栄養成分による効能

暑い夏を乗り越えるためには、スタミナ料理が一番です。

今回ご紹介したさっぱりハンバーグには、にんにくやねぎ、ニラなどパワーアップ食材を使用しているので、以下の効能も期待できそう!

☆夏バテ防止
☆免疫力向上
☆パワーアップ
☆疲労回復

まとめ

今回は、スタミナ満点!さっぱりハンバーグについてお伝えしました。

【さっぱりハンバーグのポイント】
・鶏ひき肉を加えてさっぱり!
・お肉は素早く混ぜる
・ねぎのみじん切りは、十字に切れ目を入れる
・ニラは冷凍したものを使って栄養UP
・肉だねの空気を抜くときは、一塊のままでもOK!
・大根は食べる直前ですりおろして、酵素の減少を防ぐ
・おろしダレはたっぷりかける

ニラやネギを使って、免疫力UPを期待しつつ、しっかりとたんぱく質も摂ることで、身体作りも出来ちゃいます!

暑い夏には、パワーアップメニューがおすすめですよ。

良かったら、作ってみてくださいね♪

最後までお読みいただきましてありがとうございました。

【参考資料】
※1カゴメ株式会社
※2公益財団法人長寿科学振興財団

The following two tabs change content below.
ゆみこ
管理栄養士×薬機法×転妻Webコピーライター。 約10年間、管理栄養士として勤務し、「心」と「食」と「栄養」は密接に関係していると痛感。 ひとりでも多くの人に笑顔で健康になって欲しいとの思いから『食はココロとカラダを元気にする』をテーマにブログを開設する。 SEOを意識した記事でGoogle検索1ページ目に掲載あり。 お仕事のご依頼は「お問い合わせ」からお願いします。 →詳しいプロフィールはこちら →お問い合わせはこちら

この記事を最後まで読んでいただいて、本当にありがとうございます!

あなたのクリックが私の励みになるので、良かったら応援よろしくお願いします(^^)

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村


管理栄養士ランキング

料理
スポンサーリンク
シェアする
ゆみこをフォローする
管理栄養士&転妻ライター☆ゆみこblog

コメント

タイトルとURLをコピーしました