【好き嫌い対応レシピ】トマト嫌いさんも食べた!鶏肉とごぼうのトマト煮

鶏肉とごぼうのトマト煮 料理
この記事は約3分で読めます。

こんにちは!ゆみこです。

にゃん太
にゃん太

実は、トマトが嫌いで食べられないんだ。ゼリー状の果肉がどうしても好きになれない。

トマト嫌いになる理由は、酸味や食感、トマトの皮など、さまざまです。夫も昔からトマトが苦手で、絶対食べてくれませんでした。

そこで、「何で食べられないんだろう」から「どうしたら食べられるようになるのかな」と考え方を変えてみることに!

今回は、トマト嫌いな夫も食べられた「トマト嫌いさんも食べられる!鶏肉とごぼうのトマト煮」をご紹介します。

スポンサーリンク

【好き嫌い対応レシピ】鶏肉とごぼうのトマト煮

トマトが大嫌いだった夫が食べた理由は、トマトの形状にありました!材料を切ってコトコト煮込むだけなので、良かったら作ってみてくださいね。もちろん、トマト好きさんにもおすすめのレシピです。

材料(2人分)

鶏肉・・・200g
ごぼう・・・1本
玉ねぎ・・・1/2個
トマトピューレ・・・100g
にんにく・・・1片
塩・・・適量
黒こしょう・・・適量
コンソメ・・・1/2個
オリーブ油・・・適量
パセリ・・・適量
粉チーズ・・・大さじ1

鶏肉とごぼうのトマト煮
鶏肉とごぼうのトマト煮

作り方   

1.玉ねぎは皮をむき、繊維にそって薄切りにします。

鶏肉とごぼうのトマト煮
玉ねぎを薄切りにします

2.にんにくをみじん切りにします。

鶏肉とごぼうのトマト煮
みじん切り

3.ごぼうは、アルミホイルで皮をこそげてななめ切りにします。

鶏肉とごぼうのトマト煮
アルミホイルでごぼうの皮をこそげます

4.鶏肉はひと口大ほどの食べやすい大きさにしておきます。

鶏肉とごぼうのトマト煮
鶏肉をひと口大に

5.フライパンにオリーブ油をひき、弱火でにんにくを熱し、オリーブ油に香りを移します。玉ねぎ→ごぼうの順に炒め、一旦取り出します。この段階では、少し硬さが残るくらいが丁度良いです。

鶏肉とごぼうのトマト煮
オリーブ油で炒めます

6.フライパンで鶏肉をこんがり焼き目がつくまで焼きます。皮目は下にして焼きはじめましょう。

鶏肉とごぼうのトマト煮
鶏肉を焼きます

7.焼き色がついたら5を加え、トマトピューレとコンソメも加えて10分程煮込みます。味をみながら、塩と黒こしょうを加えてください。

鶏肉とごぼうのトマト煮
トマトピューレで煮込みます

8.盛り付けて完成(^^) お好みで粉チーズとパセリを散らしてお召し上がりください。

鶏肉とごぼうのトマト煮

美味しく作るポイント

・ごぼうの皮には旨味と香りが含まれているため、皮をこそげおとし過ぎない。

・トマトの食感が苦手な方は、トマトピューレがおすすめ

・鶏肉は、皮目をしっかり焼くと美味しい。

過去に、生のトマトやホールトマトも試しましたが、ダメでした。トマトピューレが夫には一番合っていたようです。トマト嫌いなのに、この料理は美味しいと言いながら食べてくれるので不思議。

人参嫌いさんにおすすめのレシピもあります。気になる方はこちらからどうぞ↓

まとめ

今回は、【好き嫌い対応レシピ】鶏肉とごぼうのトマト煮の作り方をご紹介しました。

トマトの味や食感が苦手な方は、トマトピューレで煮込むと食べられることもあります。現にトマト嫌いの夫は、鶏肉とごぼうのトマト煮を完食しました。

トマトは、真っ赤な見た目で食卓を彩ります。生のトマトが苦手でも、煮込んだり焼いたりするといつもと違って食べられるかもしれません。

トマト嫌いさんが少しでも克服できるきっかけが作れたら嬉しいです。思い切ってチャレンジしてみてはいかがですか?

The following two tabs change content below.
ゆみこ
管理栄養士×薬機法×転妻Webコピーライター。 約10年間、管理栄養士として勤務し、「心」と「食」と「栄養」は密接に関係していると痛感。 ひとりでも多くの人に笑顔で健康になって欲しいとの思いから『食はココロとカラダを元気にする』をテーマにブログを開設する。 SEOを意識した記事でGoogle検索1ページ目に掲載あり。 お仕事のご依頼は「お問い合わせ」からお願いします。 →詳しいプロフィールはこちら →お問い合わせはこちら

この記事を最後まで読んでいただいて、本当にありがとうございます!

あなたのクリックが私の励みになるので、良かったら応援よろしくお願いします(^^)

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村


管理栄養士ランキング

料理
スポンサーリンク
シェアする
ゆみこをフォローする
管理栄養士&転妻ライター☆ゆみこblog

コメント

タイトルとURLをコピーしました